凡太と学ぼう 真・日本史 ―「人間史」を見つめ直す―

学校の授業では教えてくれない本当の人類史

 森水学園第三分校事務局・いつきです。

2020年から、人間社会は急速に「嘘の世界」に突入し、今まで常識だと思い込んでいた事柄がことごとく信じられなくなってしまいました。
しかし、イシモリ・ケンザン(石森硯山)センセは、人間の歴史が嘘で塗り固められているのは今に始まったことではないと言います。
私たちは学校で「歴史」を学びましたが、受験のために必死で歴史年表を暗記したり、人物名や事件の名称、制度や文化などの名称を詰め込んできただけでした。歴史から何を学び取るか、といういちばん大切なことがすっぽり抜け落ちていた気がします。
そこで、一度私たちが学んできたと思い込んでいる「歴史の常識」を捨てて、地球上で人間がこれまでどのように文化・文明を築いてきたか、何を考えながら生活してきたのか、その事実から今を生きている私たちは何を学び取るべきなのかということを考え直してみましょう、というのがこの講義「『人間史』を見つめ直す」です。
担当いただくのは、自称「限りなく無名の作家」イシモリ・ケンザン センセです。
イシモリセンセは、別名のアラン・イシコフで、当・森水学園の姉妹サイトである「縄文村」で「ぷちぷちサミット」という鼎談イベントにも参加していますが、最近は「石森硯山」名義で歴史研究もされています。
歴史学者や学校の社会科の教師とは違う立ち位置で、自由に講義を進めていってくださることでしょう。

では、イシモリセンセ、お願いします。

この「勉強会」の趣旨と方針


イシモリ: ネットで参加してくれているみなさん、こんにちは。イシモリといいます。
 今日の生徒は凡太くん一人ですか。郷順治センセの英語塾からの常連さんだね。まぁ、一人でも目の前に誰かいたほうが話しやすいので助かるよ。凡太くん、よろしくね。

凡太凡太: よろしくお願いします!

イシ: まず最初にね、今、事務局・いつきさんは「講義」と言っていたけど、私は歴史学者でも学校の教師でもないんでね、「勉強会」とでもしておこうかな。
 何を隠そう、私は学校では歴史とか地理とかがいちばん苦手だったんだよ。固有名詞を記憶したりするのが大嫌いでね。
 それでも試験のために「鳴くよウグイス平安京」とか「鉄砲伝来、以後予算かかる」とか「いい国作ろう源頼朝」とか、語呂合わせで年号を暗記したりしてたけど、大人になってから、そんなの何の役にも立っていない。
 鎌倉幕府の成立は今では1192年じゃないってことになってるらしいし、大化の改新は「乙巳(いっし)の変」というようになったとか……あの勉強は何だったんだろうと、虚しいばかりさ。

 で、遅ればせながら、今からでも、本当はどうだったのか、そこから何が分かるのか、ということを、できる限り分かりやすくまとめ直してみたいと思ったわけだね。
 「人間史」というのは聞いたことがない言葉だと思うけれど、「人類史」というと、生物学的、考古学的なニュアンスが強くなりそうなので、敢えて「人間史」という言葉を使ってみた。

 最初に、この勉強会の方針と目的をはっきりさせておきたい。
 ざっと、こんなところかな↓
  1. 分からないことは「分からない」とする……大昔のことなんて、正確に分かるわけがないし、近現代史はウソだらけの内容を教え込まれている、というのが大前提
  2. その上で、歴史の教科書の内容や近現代史の「常識」を一旦クリアして、表に出てきづらい情報なども合わせて咀嚼・解析し、自分の頭で、真相に近いことを推察していく
  3. その結果、人間という生物が本来どのような欲望や思考を持ち、行動してきたのかを考える
  4. 今の日本と日本人を形成する重大な転換期となった古代と、学校の授業ではおろそかになっている近現代史に重点を置き、中世や戦国時代の戦記的な話には深入りしない
  5. 話が脱線するのは、視野を広げ、思考を深めるために大いに結構なことだと是認する


凡太: 脱線……いいですね! 期待してます。


オンデマンドブック発売!

『馬鹿が作った日本史 縄文時代~戊申クーデター編』

『馬鹿が作った日本史 縄文時代~戊申クーデター編』
ISBN978-4-910117-38-6  B6判・300ページ 
オンデマンド 2200円(税込)、送料:330円 

オンラインでご注文(カードまたはコンビニ決済)
Amazonで購入でも買えます⇒こちら 
★一般書籍化が決まった場合、オンデマンド版は予告なく販売終了となる可能性があります。


HomeHome   目次   次へ⇒
Facebook   Twitter   LINE